【稼ぐ秘訣】FXで大損しないための必須の心得

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
指に雷が落ちている画像

FXに限らず、スキルを上達させるのに一番必要なもの、それは

スキルを上達させるもの
  1. メンタル
  2. 継続

です。何があろうと挫けずに学びを継続させることこそ、一番大切なこと。この記事では、最初の要件であるメンタルについて解説します。

スポンサーリンク

FXは取り組む意識、メンタルがとても大切

FXにおいてメンタルはとても重要。始めたばかりの人は、「FXで大儲け!1年で○億円!」といったキャッチコピーの本などに影響されて大きく勝つことばかり考えますが、大きく勝つことよりもコツコツ淡々と取引を行い、大損しないことの方が大切です。

万が一、大損してしまうと、

  • 資金がなくなる:極度の自己嫌悪に陥る
  • 恐怖感(トラウマ)が残る:失敗体験、挫折体験として心の傷になる
  • 感情的になる:絶対に取り返すぞ!とさらに大きなリスクを負いがち
  • 家族崩壊の危機:やり場のない怒りや感情を身近な家族にぶつけがち
  • 再起に時間がかかる:資金準備のために再度取り組めるまで時間がかかる

といったように心理的にも、経済的にも大きな負担と罪悪感が肩にのしかかり、家族崩壊の危機ともなります。この「大損」を回避できれば、

  • 落ち着いて取り組める:大損がないことで心理的に落ち着いて取り組める
  • 継続して取り組める:資金的な破たんがないために継続できる

ために結果として、上達も早くなります。意識をどこに向けるかで結果は大きく変わってくるのです。

FXで大損しないために大切なメンタルとは

FXを学ぶと、多くの著書などで目にする「メンタル」。ところで「メンタル」って何でしょうか?

シンプルに答えるなら「意識」です。

FXではチャートを分析するのも、注文を出すのもすべてあなたの「意識」です。状況にあった分析、適切な注文を冷静に行える意識(メンタル)はどのようにしたら身につけることが出来るのでしょうか?

それにはまず、

  • 目標とするメンタル
  • 現在のメンタル

この二つが明確でなければなりません。

車のカーナビを連想していただければ分かりやすいですが、現在地と目的地がわからないと進むべきルートを決めようがありません。

FXも同じなのです。

FXで大損しないための必須スキルとは

FX取引で大損しないためには、次の4つのスキルが必須となります。

  1. リスクを排除した取引を積み重ねる
  2. ルール通りに負ける
  3. 勝ち負けに振り回されずに淡々と取り組む
  4. 大きなトレンドに従ってエントリーする

順に説明していきます。

1.リスクを排除した取引を積み重ねる

リスクを排除した取引を行うには、レジスタンス、あるいはサポートのみで取引を行うことです。トレンドの継続、転換が分かりやすいので、自分のポジションがまだ有効なのか、それとも決済すべきなのか明確にわかるからです。

持ち続けるべきでないポジションはすぐに決済して、リスクを排除しましょう。また小さな利益を積み重ねて資金を増やして、複利で大きく取っていくのが投資の醍醐味ですから、一度に大きな利益を狙うのではなくほどほどのところで決済してください。

2.ルール通りに負ける

ここはとても大事なことです。でも勘違いしがちなのは、損失は出してはいけないのではなく、ルール通りの損失だけ受け入れることです。

トレンド方向にお金を投資していきますが、トレンドはいつかは変わります。急な反転もあります。その時に、損失を最小限に抑えるようにルール通りに対応出来ればそれで十分なのです。

いい加減なエントリーや決済では、トレードが乱れて成績が安定しません。これは普段の生活からも「いい加減」を排除して自分を律することで身につくスキルだと思います。

3.勝ち負けに振り回されずに淡々と取り組む

3~4割の損失を恐れていては、6~7割の勝ちを掴むことはできません。損失を恐れずに分析通りのトレードを行い、利益を掴みに行くのがトレーダーの仕事です。

もし恐怖があるのであれば、何に恐怖を感じているのか?心の中を見つめるのも良いと思います。そして不安要因やリスクを排除するようにしてください。

4.大きなトレンドに従ってエントリーする

トレンドに逆らうやり方もあるかもしれませんが、トレンドに従ったほうが利益は出やすいでしょう。トレンドがあるということは、一方方向にお金の流れが発生している状態だからです。

週足や日足を見て大きなトレンド、レジスタンスサポートなど重要ポイントをつかみ、4時間1時間程度の中期足で反転の兆しがないか確認して、短い足で戻りや押し目で入るのが王道でしょう。

FXで大損しないための必須のメンタルとは

FXで大損しないための必須のメンタルとは、上記のトレードで勝つ4つのスキルを淡々と行うことが出来るメンタルのこと。すなわち、

  1. 欲をコントロールする
  2. 損失を受け入れる
  3. 損失を恐れずに入っていく
  4. 確かな分析力

ひとつずつ見ていきましょう。

【FXで大損しないメンタル:1】欲をコントロールする

女性の口元

何のためにFXをするのか?と問われれば、多くの方が「生活を豊かにするために、必要なお金となる利益を追求すること」だと思います。

しかし利益を追求しすぎて、保有時間を長くするほど急な反転や予定外の発表などのリスクも大きくなり、枚数を大きくすると損失額が増大するリスクも大きくなります。その結果、トレードの成績が乱れる傾向となり安定した利益を出し続けることは難しくなるでしょう。

それよりも「利益は小さく抑える」と決めてしまうほうが心理的な負担が減って意識が安定し、ひとつひとつの行動も安定します。ゲーム理論の本を読むと、この「利益追求よりもリスクの排除」の大切さが書かれています。

FXで勝つためには、「利益追求ではなく、リスクを排除したルールを厳守する自分づくり」です。好きこそものの上手なれという言葉の通り、FX分析が大好きになって自分づくりに励むことが上達の一番の近道かもしれません。

利益追及ではなくリスク排除。FXを楽しむこと

FXも分析が大好きになることで創意工夫をするようになり、結果としていつの間にか他人よりも上のステージでFXを楽しめるのではないかと思います。そのためには、チャート分析が大好きになることが第一段階でしょう。

【FXで大損しないメンタル:2】損失を受け入れる

画面を見つめる女性の画像

誰でも損失は嫌いです。「損はダメ!騙されてはダメ!」と小さい頃から教育されていると、日常的に損を出し、騙される続けるFXトレードというものを受け入れることが本当に難しいのです。

心では「なるほど!損失は受け入れるんだね?」とわかっていても、いざ損失を出してしまうと「後悔と罪悪感」というダブルパンチに見舞われてしまうのです。

そして、そんな大っ嫌いな「損失」を出さないように、一生懸命に改善や研究に取り組んでああでもないこうでもないと迷走を続け、そのうちに疲れ切って資金もなくなってやめてしまうのが、よくある「FXやったけどダメだったパターン」ではないかと思います。

どんな分析でも100%はありません。損失が続くと、誰でも苦痛に感じるものです。その場合は、いったん冷静になるためにチャートを離れたりしてメンタルを落ち着けて、罪悪感が消えるのを待つ。

トレードの回数もなるべく減らすことで、心の負担を減らすことも大切だと思います。

【FXで大損しないメンタル:3】損失を恐れずに入る

サラリーマンが歩く画像

これは誤解されやすいかもしれませんが、ポジションをたくさん持つということではありません。たくさんエントリーする、ということでもありません。

自分の分析の通りにエントリーして決済をするということです。特に損失が続いている場合、エントリーをするのが怖くなる時期があると思います。

この恐怖感は、ポジションサイズが大きすぎる場合がほとんどではないかと思います。資金が減っているという感覚、このままではヤバイ!という焦りや不安が強く出過ぎて怖くなっているのです。

  • 適切な資金管理を行うこと
  • 欲を出さないこと
  • 分析通りのトレードのみ行うこと

これらをしっかりと守って冷静に注文を出せるようにしましょう。

格闘家はしっかりと準備をしたら、負けるのも覚悟で大会に参加して勝利を掴みに行きます。私たちトレーダーもしっかり分析したら、損失を恐れずにトレードをしましょう。

リスクに立ち向かうのがトレーダーという仕事なのだと思います。

【FXで大損しないメンタル:4】大きなトレンドに従う

上昇トレンドの画像

トレンド、というのはお金の流れです。トレンドがあるということは、お金の流れが一方方向に動いていること。

ですから、流れがある方向に資金を投資していくのがやはり王道となります。この流れをどう読むのかは、チャート分析の技術となります。

他人が損をするポイントを探す

上昇トレンドのサポートに来たら「すぐ買う」のは騙されるトレーダーです。そんなトレーダーの「買いポジション」を切り、「ここは売りだ!」と慌てて売りドテンしたポジションを買い取ることで、その後上昇で売りポジションを頂いていくようにするのです。

もちろん、これで100%うまくいく訳ではありません。どのように自分が負けるのかを分析して騙され続けていることに気付かなければ、いつまで経っても「FXは難しい、キケン!」という思考から抜け出すことは出来ないでしょう。

予測ではなく、現状分析

予測は不要です。チャートから読み取るのは、「買わされているポイント」「売らされているポイント」それらのポジションが「損失を出すポイント」を見つけて、そのポジションを頂きに行くのです。

この視点に立てば、チャート分析は楽しい作業です。大きな流れを把握し、その流れが止まりそうなポイント、目立つポイントを探し、そのポイントで他の人のトレードを見守るわけです。そこで騙しの動きがあれば、チャンス到来となります。

本物の実力を身につけることは、一見遠回りに見えますが一番の近道であることが多いです。納得できる分析力を身につければ、自信をもってトレードを行えて結果もついてくるでしょう。

【FXで大損しないメンタル:5】自分を知り改善する

初心者投資家のイメージ画像

目標とするメンタルと自分のメンタルの違いをなくしていく作業が必要なのですが、出発となる現在地はトレード記録をつけることでわかります。

  1. 欲張ってポジションを持ち過ぎていないか
  2. 損切りはシナリオ通りにできているか
  3. 無駄なエントリーをしていないか
  4. 損失が怖くてエントリーできなくなっていないか
  5. トレンドに逆らうエントリーをしていないか

などの項目について、客観的な視点で自分を評価して問題点を見つけ出し、改善していく必要があります。

出来ればプロに自分のトレードを日々見てもらって改善点を指摘してもらうことが一番の上達の近道ですが、そのようなコンサル&コーチングは数百万と高額である場合が多い。

だからこそトレード記録をつけて、自分の損失パターンを知る必要があります。陸上で言えば自分の走りを動画で撮影して、フォームの修正、不足している筋力、柔軟性などに取り組んだりします。FXで言えば、自分のチャート分析を記録しておき、客観的に見て改善を繰り返す必要があります。

多くの勝ち組のトレーダーがトレード記録をつけることを勧める理由は、改善点が発見しやすくなり成長が早くなるからです。そしてこれ以外に、上達の道はないのです。

FX技術向上サイクル

カーナビでも、1m1m進むことで最終的な目的地に到着します。トレードも諦めることなく一歩一歩進むことでしか上達の道は無いのです。

【稼ぐ秘訣】FXで大損しないための必須の心得:まとめ

FXで大損せずに勝ち続けるためには

  • 【メンタル】現在地と目的地の把握、改善
  • 【チャート分析力】他人の行動を読めるチャート分析力

この2つがとても大切になります。焦らずに一歩一歩進んでいきましょう。