【2017年9月23日】本日のFXチャート分析とシナリオ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

2017年9月23日のFXチャート分析です。

昨日22日の分析では、

ユーロドル、ポンドドルは高値更新があればその押し目を買うシナリオ、豪ドルドルは戻り売り、ドル円は急速に悪化している情勢が気になりますので買い目線ながら様子見と考えています

としていました。

その後、ユーロドル、ポンドドルともに高値更新はなく待機状態、豪ドルは戻り売りの目安まで上昇して短期での見極めに、ドル円は最初のサポートあたりまで押してきました。

この状況では、ユーロドル、ポンドドルは変わらずに高値更新の押し目買いまで待機、豪ドルドルは週明けの動き次第では戻り売り、ドル円は買い目線ながらも情勢不安で見送りと考えています。

スポンサーリンク

2017年9月23日のFXチャート

EUR/USD、GBP/USD、AUD/USD、USD/JPYの4通貨ペアでの分析です。

EUR/USD分析結果

ユーロドルの4時間足です。

EURUSD:4時間足の環境認識画像
EUR/USD 4時間足

金曜日のうちには高値更新できず、シナリオ通りの展開まで待機状態です。レジスタンスに抑えられているので、超えてからの押し目買いエントリーを考えています。

GBP/USD分析結果

ポンドドルの4時間足です。

GBPUSD:4時間足の環境認識画像
GBP/USD 4時間足

ポンドドルは、レジスタンスに跳ね返されて下落してしまいました。サポート買いも出来るポイントですが、短期足の動きは乱高下状態で落ち着いて入れる状態ではありません。短期で高値安値をチェックして下落の流れが止まってからのエントリーポイントを探ります。

AUD/USD分析結果

豪ドルドルの4時間足です。

AUDUSD:4時間足の環境認識画像
AUD/USD 4時間足

豪ドルドルは、レジスタンスで跳ね返されて高値も安値も切り下げた下降トレンドにあるので、短期では戻り売りが優勢と見ています。現在、戻り売りポントにあり、15分の短期足でも戻り高値を切り下げてきました。週明けの展開次第では、短期で戻り売りを考えています。

USD/JPY分析結果

ドル円は日足から見ていきます。

USDJPY:日足の環境認識画像
USD/JPY 日足

日足では、レンジ内での動きが継続していることがわかります。現在は、下抜けが否定されて強い上昇の途中。この状態では押し目買いが優勢と考えられます。

USDJPY:4時間足の環境認識画像
USD/JPY 4時間足

4時間足を見ると、最初のサポートあたりまで押しています。ただ、サポートまでの下げがほぼ一直線で、売り買いの目安となるような高値安値ポイントが見当たりません。入りにくいところなので、一度サポートを下抜けてからそれを否定する動きがあると、買いやすくなります。

いずれにしても、情勢不安があるので買い目線ながらもリスク排除のため、様子見と考えています。

最後までご覧下さりありがとうございました。