【2017年9月12日】本日のFXチャート分析とシナリオ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

2017年9月12日のFXチャート分析です。

前回、金曜日の分析では、

ドルストレートは、レジスタンス付近にいることから反転の可能性、戻り売りも視野に入れたシナリオも追加。レジスタンス突破であれば押し目を買い、下げれば戻り売りを考えています。ドル円は様子見。レンジ下限付近の動きには注目

としていました。

その後、ドルストレートはレジスタンスが意識されたのか伸び悩んで下げ、一方でドル円は急上昇して反転の兆しを見せています。

ドルストレートは、トレンド転換の分岐点であるサポートを下抜けるようであれば戻り売り。ドル円は、買いが優勢と考えています。

自分の希望や利益目標ではなく、相場の動きに合わせたトレードを心がけていきます。

スポンサーリンク

2017年9月12日のFXチャート

EUR/USD、GBP/USD、AUD/USD、USD/JPYの4通貨ペアでの分析です。

EUR/USD分析結果

ユーロドルの4時間足です。

EURUSD:4時間足の環境認識画像
EUR/USD 4時間足

レジスタンスが意識されたのか下降中。レジスタンスを根拠に、短期足での戻り売り戦略が有効な逆張りパターン。サポート付近での動きに注目。

GBP/USD分析結果

ポンドドルの4時間足です。

GBPUSD:4時間足の環境認識画像
GBP/USD 4時間足

急上昇の勢いが止まり、高値を更新できずにいる。しかし、売りを狙うのも中途半端なポイントで入りづらい。

AUD/USD分析結果

豪ドルドルの4時間足です。

AUDUSD:4時間足の環境認識画像
AUD/USD 4時間足

入りやすいポイントを作ることなく下げてきました。ポンドドル同様に入りづらい。ポイントまで待ちます。

USD/JPY分析結果

ドル円の4時間足です。

USDJPY:4時間足の環境認識画像
USD/JPY 4時間足

ドル円は、大きなレンジの下抜けを強く否定された形で、買いで入りやすい。上に抜けた押し目があれば買うシナリオ。ただし、急な動きに備えてロスカット注文は必ず入れておく。

最後までご覧下さりありがとうございました。