【2017年9月6日】本日のFXチャート分析とシナリオ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

2017年9月6日のFXチャート分析です。

昨日の分析では、

全体的に様子見ムードな気がしますが、このままの流れであればドルストレートは買いが優勢、ドル円は見送りと考えています。

としていました。

その後、ユーロドルはほとんど動きがありませんでしたが、ポンドドル、豪ドルドルは大きく上昇。一方でドル円は下落しました。

このままの流れであれば、ドルストレートは引き続き買いが優勢、ドル円は見送りのシナリオを考えています。

スポンサーリンク

2017年9月6日のFXチャート

EUR/USD、GBP/USD、AUD/USD、USD/JPYの4通貨ペアでの分析です。

EUR/USD分析結果

ユーロドルの4時間足です。

EURUSD:4時間足の環境認識画像
EUR/USD 4時間足

ユーロドルは大きな動きはありませんでした。昨日に引き続き、上に抜ければ押し目を買うシナリオで。

GBP/USD分析結果

ポンドドルの4時間足です。

GBPUSD:4時間足の環境認識画像
GBP/USD 4時間足

ポンドドルは、押し目からレジスタンスまで急上昇となりました。さらに上に抜けるのであれば、その押し目で買うシナリオ。

AUD/USD分析結果

豪ドルドルの4時間足です。

AUDUSD:4時間足の環境認識画像
AUD/USD 4時間足

豪ドルドルは、レジスタンスを突破してきました。昨日の分析通りに、押し目で買うシナリオ。

USD/JPY分析結果

ドル円の4時間足です。

USDJPY:4時間足の環境認識画像
USD/JPY 4時間足

ドル円は、下げの強い否定(強い上昇)があったにもかかわらず、否定分(上昇分)を全部帳消しにするような動きで弱い。日足で俯瞰すると、

USDJPY:日足の環境認識画像
USD/JPY 日足

大きなレンジの下限まで下げてきました。このレンジを下抜けると、今まで買いポジションを保有していたトレーダーが、一斉に手放す(売る)可能性も。

ただし、情勢が不安定で先が見えない状況です。一時的に急落しても、思わぬ急上昇で大事な資金を失いかねません。

昨日もお伝えしたゲーム理論では、最強の勝者となる必須条件は「大きく負けない戦略で戦うこと」と解明されています。

最後までご覧下さりありがとうございました。